サウナの語源・由来


【意味】
フィンランド風の蒸気浴・熱気浴の風呂。石を熱した熱と、それに水をかけて得られる蒸気とで小部屋の温度・湿度を高め、そこに入って汗を流す。サウナ風呂。

【語源・由来】
「サウナ」は、蒸し風呂の意味のフィンランド語「sauna」から。洋式サウナが日本に入ってきたのは、1966年といわれ、以降、人気を集めている。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事