サンダルの語源・由来


【意味】
はきものの一種。つま先やかかとを露出させ、甲を紐やバンドで作ったもの。

【語源・由来】
「サンダル」は、板を意味するギリシヤ語「sandalion」、ラテン語の「sandalium」から。サンダルの起源は分かっていないが、古代エジプトで王族の遺品が発見されていて、王族、僧侶、貴族だけが履くことを許され、庶民は裸足だった。
日本では1932年ころから木製のサンダルが作られ、1950年頃にはビニール製のビーチサンダルが製造され、広く普及した。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事