らしゃめん【羅紗綿】の語源・由来


【意味】
西洋人の愛人となった日本女性。

【語源・由来】
もとは、羊のことで、西洋人の船員が、船中で羊を犯しているという俗説から、日本においてもっぱら外国人を相手に取っていた遊女、あるいは外国人の妾となった女性のことを指した蔑称。幕末から明治初期に使われた。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事