おざなり【御座成り】の語源・由来


【意味】
当座をつくろうこと。その場逃れにいいかげんに物事をするさま。

【語源・由来】
御座なりは、接頭語「御」+座敷の「座」+形状を表す「なり(形)」。「御座敷の形」を意味し、宴会の席などで表面をとりつくろった言動を指した。「座形ざ・座成り(ざなり)」ともいう。御座なりの「御」は、「ざなり」に敬語「お」が付いたものだが、皮肉を表現した反転用法。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事