おうよう【鷹揚】の語源・由来

【意味】
こせこせせず、ゆったりと落ち着いているさま。

【語源・由来】
もとは「ようよう」と読み、鷹が空を悠然と飛揚するように、何物も恐れず落ち着いていること。日本では、江戸時代以降、こせこせしないで大らかなさまの意の「大様」と混同されたといわれる。中国最古の詩集『詩経』から。現在では「鷹揚」と「大様」は同義で用いられる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

five × four =