おんな【女】の語源・由来


【意味】
①人間の性別の一つで、子を産み得る器官をそなえている方。女子。女性。婦人。
②成年女子。成熟して性的特徴があらわれた女性。
③天性やさしいとか、感情が豊かだとかいう通有性に着目していう場合の、女性。
④妻。
⑤情婦。
⑥めかけ。
⑦売春婦。女郎。
⑧召使である女子。はしため。下女。女中。
⑨容貌。女ぶり。
⑩(多く接頭辞的に)か弱い・やさしいなど、女性の通有性と同類の特性。

【語源・由来】
「女」は、古くは「をみな」で、平安時代には促音化され「をんな」と呼ばれた。「をみな」の「を」は、「小川」などと同じで「小さいもの」を意味する接頭語で、この場合、年少を意味する。「み」は「女」の意味。かつては、主に、「をんな」「をみな」「をうな」は比較的若い女性を指し、年をとると「おんな」「おみな」「おうな」という表現だった。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事