おんこちしん【温故知新】の語源・由来


【意味】
昔の事柄を研究し吟味して、そこから新しい知識や見解を得ること。ふるきをたずねて新しきを知る。

【語源・由来】
「論語」為政より。「故(ふる)きを温(たず)ね新しきを知る、以て師と為る可し」古いことも新しい物事もよく知っていて初めて人の師となるにふさわしいという意味。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事