おくのて【奥の手】の語源・由来


【意味】
とっておきの手段。

【語源・由来】
元は、左手の意。古くは左手を右手より大切に思い、尊んだところから。ここから、学問・技芸などの奥義、とっておきの手段の意が派生したか。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事