かかし【案山子】の語源・由来


【意味】
作物を荒らす鳥獣をおどすために田畑に立てる人形。

【語源・由来】
「嗅がし」からとする説が有力。もと、獣肉・毛髪を焼いたものなど、鳥獣が嫌うにおいを田畑に置いたことから。「嗅がし」が清音化され、「かかし」となった。漢字の「案山子」は、元々中国の僧侶が用た言葉で、「案山」は山の中でも平らなところを意味し、「子」は人や人形のこと。中国宋代の禅書「景徳伝燈録」に「僧曰、不会、師曰、面前案、山子、也不会」とあり、そこから「案山子」が当てられたという。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事