おだわらひょうじょう【小田原評定】の語源・由来


【意味】
時間ばかりかかって、結論の出ない会議のこと。

【語源・由来】
天正十八(1590)年の、豊富秀吉と関東の後北条氏との戦いで、小田原城が秀吉軍に囲まれた際、城中では戦いを続けるか和睦するかで意見が分かれ、なかなか結論が出なかったことから出たことば。「小田原談合」ともいう。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事