にがり【苦汁】の語源・由来


【意味】
海水を煮詰めて製塩した後に残る母液。また、粗塩の貯蔵中に空気中の湿気を吸い、溶けて分離する液状苦味質をいう。主成分は塩化マグネシウム。豆腐の製造に用いる。苦塩。くじゅう。

【語源・由来】
「にがり」は、動詞「苦る」の連用形の名詞用法。口に含むと苦いことから。古くは胆水といった。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事