なるほど【成程】の語源・由来


【意味】
1⃣(副)
①なるたけ。できるだけ。
②まことに。いかにも。
2⃣(感)
合点がいったとき、または相手の話にあいづちを打つ時に発する語。近世後期では、略して「なある」とも。

【語源・由来】
「成程」は実現するの意の「成る」+程度の「程」から成る語で、できるだけの意味。この意味が、他に考えられないや明らかという意味に通じることから、まことに、いかにもと相手の言うことを肯定する言葉になったとされる。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事