なんじみずからをしれ【汝自らを知れ】の語源・由来


【意味】
自分の無知を自覚し、その上で真の知恵を得よ。

【語源・由来】
デルフォイの神殿に刻まれていたといわれる有名な格言。ディオゲネス・ラエルティオスはこれをギリシア七賢人の一人タレスに帰すが、同じ七賢人の一人スパルタのキロンの作とも他の賢者の言葉ともいわれ定かではない。古代ギリシャの哲学者ソクラテスが、哲学の根底に置いた言葉。人間の知恵は、神と比べれば取るに足らないものなのだから、何よりもまず自己の無知を知る厳格な哲学的反省が肝要であるとして、この格言を自己の哲学の根底に置いた。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事