もんきりがた【紋切り型】の語源・由来


【意味】
紋通りのやり方。決まりきった型や様式。

【語源・由来】
文字通り、紋を切り抜くための型の事。これを使えば、決まりきった画一的な紋ができる事から、決まりきっているものを紋切り型という。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事