かんばん【看板】の語源・由来


【意味】
1、外見。見せかけ。
2、自慢の種となるような人物や事柄。
3、飲食店などでその日の営業を終えること。閉店。

【語源・由来】
看板は、商店などで店名や商品名などを人目につくように掲げたもの。また、劇場などで俳優名や演目をかいて表に掲げたもの。転じて、人の注目を集める人物や事柄の意。また、閉店するときに看板をしまうことから、閉店の意味になった。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事