もんじゃやき【もんじゃ焼き】の語源・由来

【意味】
ゆるくといた小麦粉に種々の具をまぜ、焼きながら食べるもの。

【語源・由来】
江戸時代末期から明治にかけて、子供たちが出汁で溶いた生地で鉄板に文字を書いて覚えながら食べていたことから、「文字焼き」が転じたものといわれている。

スポンサーリンク
スポンサーリンク