ラッキーセブンの語源・由来

【意味】
野球で、1試合9回のうち、7回目の攻撃。この回を幸運の回とし、得点を期待するところからいう。

【語源・由来】
「ラッキーセブン」は、英語「lucky seventh」から。野球で7回の攻撃の意。7回になると、投手が疲れ、打者は投球に慣れて得点のチャンスに恵まれやすいことから、7回目の攻撃を幸運の回とし、「ラッキーセブン」という。
1885年、シカゴ・ホワイトストッキングスの7回の攻撃の時に、打ち上げたフライが風のおかげでホームランになり、シカゴ・ホワイトストキングスは優勝することができた。その際、勝利投手のジョン・クラーソンが、「lucky seventh」と語ったことが起源で、西洋の「7」は幸運の数字という思想が結びついたものとされる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three × three =