きゅうす【急須】の語源・由来

【意味】
茶を入れる時に使う、取っ手と注ぎ口のついた道具。

【語源・由来】
江戸時代中期に中国から渡来してきたもので、もともとは酒を燗する容器だった。それが日本では用途に変化が生じ、煎茶の道具として使われるようになった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク