こうでん【香典】の語源・由来


【意味】
死者の霊前に供える金銭。

【語源・由来】
元来は、「香奠」と書く。「奠」はすすめる意で、仏前に供える香をいう。「典」は物を買い取る意で「香典」と書くと香の代わりに贈る金銭のことになる。また、葬儀などにかかった費用が香典よりも多く余りが出た場合には、香典返しとして返したり、寺に寄進されていた。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事