コンロ【焜炉】の語源・由来


【意味】
①土や金属で作り、煮たきに用いる持ち運びのできる小さい炉。しちりん。かんてき。ちんからり。
②ガス・石油などを用いる炊事用の炉。

【語源・由来】
「コンロ」は、漢語「火炉」の宋音「コロ」の音便。「焜炉」は当て字。もとはかまどに対して、床に置く鉄製・土製などの小さな炉をいった。七輪もその一つ。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事