ごりやく【御利益】の語源・由来


【意味】
神仏のさずける恵み。

【語源・由来】
「利益(りやく)」は仏教語で、他のためになることを意味し、仏や菩薩が衆生に恵みを与えること。また、その恵みのこと。古くは、益になることの意でも「りやく」といったが、鎌倉・室町ごろから「りえき」とも読むようになる。明治以降、経済的な意味では「りえき」が一般的となり、今では神仏の恵みをいうとき意外「りやく」は使わなくなった。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事