きんせん【琴線】の語源・由来

【意味】
心の奥底にある、微妙で感じやすい心情。

【語源・由来】
「琴線」は、文字通り琴の糸、弦楽器の弦である。人の心には琴の糸のように共鳴するメカニズムが備わっていて、その糸に触れると感情を動かされるということから。

スポンサーリンク
スポンサーリンク