はなみち【花道】の語源・由来


【意味】
人生で最も華々しい状況。また、人生の最後の花。

【語源・由来】
歌舞伎の劇場で、舞台の下手から観客席を縦に貫く通路のこと。役者が登場したり、退出したりするときに用いる。六方をふんだり見得を切ったりと、見せ場があるため、一般化して華々しいさまをいうようになった。もともとこの通路は、役者に「花(祝儀)」を贈るためにもうけられたという。舞台に向かって右側に仮設の「仮花道」をもうけることもある。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事