けんとのあらそい【犬兎の争い】の語源・由来


【意味】
両者が争ってともに弱り、第三者に利益を横取りされてしまうことのたとえ。

【語源・由来】
「戦国策」斉策から。
犬が兎を追いかけまわし、山を何度も駆け登っているうちに犬も兎も力尽きて倒れた。そこを通りかかった農夫が何の苦労もせず、獲物を独り占めすることができたという寓話。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事