けれんみ【外連味】の語源・由来


【意味】
俗受けをねらったいやしさ。はったり。ごまかし。

【語源・由来】
「けれんみ」の「けれん」は、江戸末期、歌舞伎で宙乗りや早替りなど。見た目本位の俗受けをねらった演出をいった演劇用語。それ以前は、浪花節・義太夫などで、客受けを狙って、わざわざ笑わせたりして語ることをいった語で、正統ではない、邪道だという意味を含んでいた。
「けれんみ」は、近代以降見られるようになり、否定形を伴って用いることが多い。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事