けいこ【稽古】の語源・由来


【意味】
芸事や武道などを学び習うこと、また練習すること。

【語源・由来】
「稽」は「考える」という意。「稽古」は、元は昔の物事を考え調べること。また、古書を読んで物の道理を学ぶこと。芸事などを習う意は日本の用法で、鎌倉時代ごろから例が見える。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事