かたなおれやつきる【刀折れ矢尽きる】の語源・由来


【意味】
戦う手段がなくなる。物事を続けるための力や手段がなくなるということ。

【語源・由来】
夜明けに異民族の羌(きょう)が後漢の段熲(だんけい)の軍を攻めたが、段熲が馬を下りて大いに戦ったため、正午には刀が折れ矢だねも尽き、精魂ともに尽き果て、羌は退散したという故事から。『後漢書』段熲伝から。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事