かんたんあいてらす【肝胆相照らす】の語源・由来


【意味】
互いに心の底まで打ち明けて親しく交わる。

【語源・由来】
「肝胆」は肝臓と胆嚢のこと。いずれも生命を支える大切な器官であることから、「心の奥底」「真実の心」などのたとえとする。「故事必読成語考・朋友賓主」に「肝胆相照らす、斯れを腹心の友と為(な)す」とあるのに基づく。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事