かんなづき【神無月】の語源・由来


【意味】
陰暦十月の別称。神無し月。かみなづき。

【語源・由来】
かみなづきの音便。俗に、全国の神々が皆出雲大社に集まり、諸国から神がいなくなる月の意という。「な」は「の」の意で、神を祭るための「神の月」とする説も有力。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事