カレイの語源・由来


【意味】
カレイ科の硬骨魚の総称。体は扁平で卵型、頭部はねじれて、眼は普通、体の右側に集まる(ヒラメでは、眼は左側)。眼のある側は褐色で海底の色に似、眼のない側は白色。砂底に生息。多くの種類がある。食用。

【語源・由来】
「カレイ」は、古くは「加良衣比(カラエヒ)」と呼ばれていて、転じて「カレイ」になったといわれている。「エヒ」とは「エイ」のことで、体の特徴が似ていることから、エイの一種と考えられたため、「カラ」は、枯葉はの色に似ていることからとされる。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事