さげすむ【蔑む】の語源・由来


【意味】
見下す。軽蔑する。

【語源・由来】
大工が墨縄(すみなわ)におもりを付けて垂直につり下げ、柱などの傾き具合を測ることや、その道具そのもののことを 「下墨む(さげすむ)」と言い、これが動詞になったもの。それが、物事や人物を推し量る、評価する意となり、やがてマイナスの評価に限定して用いられるようになった。「貶む」ともかく。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事