からねんぶつ【空念仏】の語源・由来


【意味】
実行のともなわない主張。

【語源・由来】
「念仏」は、仏の姿を思い描くこと。とくに、阿弥陀仏を念じること。浄土宗などでは、「南無阿弥陀仏」の六字を一心に唱えれば救われるとする。「空」は心のこもらない、口先だけの意で、信仰心からでなく、口先だけで唱える念仏のことから。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事