いちもくおく【一目置く】の語源・由来

【意味】
相手の実力を自分より上だと認めて一歩譲ること。敬意を表する。

【語源・由来】
囲碁から生まれた言葉で、一目は一個の碁石のこと。囲碁ではハンデとして、弱い方が先に石を一目置いてから対局を始めることから、相手の実力を認め敬意を払う意味となった。

【参考】
【一目置く】の意味と使い方の例文

50音インデックスで逆引き検索