いたちごっこ【鼬ごっこ】の語源・由来


【意味】
同じことの繰り返しで、いつまでたっても進展のないこと。

【語源・由来】
「いたちごっこ」は江戸時代に流行った子供の遊び。「いたちごっこ、ねずみごっこ」と歌いながら、相手の手の甲をつねっては自分の手を上に重ねていく遊び。「つねっては重ね」を繰り返すだけで終わりがないことから、進展がないことの意になった。

【参考】
【鼬ごっこ】の意味と使い方の例文

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事