いん【寅】の語源・由来


【意味】
十二支の第3。とら。東から北へ30度の方角。東北東。今の午前4時ごろ、およびその後の2時間、または午前4時前後の2時間。陰暦1月の異称。

【語源・由来】
「寅」の本来の読み方は「いん」。「矢を両手で引っ張る」象形から、「引っ張る」「伸ばす」の意味を表した。「漢書 律歴志」では草木が伸び始める状態を表す漢字と記載されている。これを「とら」にしたのは、無学の庶民に十二支を浸透させるためだったが、順番や選ばれた理由は未詳。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事