ハリケーンの語源・由来


【意味】
カリブ海・メキシコ湾・北大西洋西部・北太平洋東部に発生する発達した熱低低気圧。暴風雨を伴い、厳密には最大風速毎秒32.7メートル以上のものを指す。

【語源・由来】
「ハリケーン」は、カリブ海沿岸にすむ民族の暴風の神ウラカンを指す、スペイン語の「huracan」から。スペインの船乗りが、とぐろを巻くという意味で用いて、「ハリケーン」の意味になった。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事