ハリセンの語源・由来


【意味】
蛇腹に折りたたんだ厚紙の一方を固め、おうぎ状にしたもの。漫才などで、人を叩くのに用いる。

【語源・由来】
多く「ハリセン」と書き、漫才などで頭や顔を叩く(張る)ための道具なので「ハリセン(張り扇)」という。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事