ばらにく【肋肉】の語源・由来


【意味】
牛や豚の胸の下部から腹にいたるあばら骨を包む肉。肉と脂肪分とが交互に層をなす。三枚肉。肋肉(あばらにく)。ともばら。ばら。

【語源・由来】
「ばらにく」は、あばら骨に付いた肉の意。赤身と脂身が三層になっていることから、「三枚肉」とも呼ばれる。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事