ほうれんそう【菠薐草】の語源・由来


【意味】
アカザ科の一・二年草。

【語源・由来】
中国の唐代にペルシアから伝えられたことによる。後に「菠薐(ホリン)」となり、日本では変化して「ホウレン」となった。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事