ほととぎす【杜鵑草】の語源・由来

【意味】
ユリ科の多年草。

【語源・由来】
鳥のホトトギスの羽毛の斑点と花の模様が似ていることから。「時鳥草」「油点草」とも書く。

50音インデックスで逆引き検索