ひと【人】の語源・由来


【意味】
サル目(霊長類)ヒト科のうち、直立二足歩行を行い著しく発達した脳を有する動物。狭義にはヒト科ヒト属現生種のホモ・サピエンス。人類。また、その一員としての個々人。

【語源・由来】
「人」は万物の霊長から、「霊」が語源とする説が有力とされる。また、「日」に関連付ける説、「秀者」からという説など諸説あるが不詳。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事