ひとりぼっち【独り法師】の語源・由来


【意味】
たったひとりでいること。孤独であること。また、その人。

【語源・由来】
「ひとりぼっち」は、「ヒトリボフシ」の訛。「ヒトリボフシ」は、「独法師」と書き、宗派や教団などに属さない僧侶の境遇を表す語で、あてもなく世の中を彷徨い歩くことを「独法師の三界坊」ともいう。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事