ヒガンザクラ【彼岸桜】の語源・由来


【意味】
①日本の中西部に多いサクラの一種。小高木で花季が早く、春の彼岸の頃、葉より先に淡紅色の美花をつける。観賞用に栽植。コヒガン。アケボノヒガン。
②エドヒガンの俗称。

【語源・由来】
他の桜より早く、春の彼岸の頃に開花することから「ヒガンザクラ」と名付けられた。別名、「コヒガン」の「コ」は、小さいの意の接頭語で、「大彼岸桜」という彼岸桜もある。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事