ひとりゅうぶん【飛兎竜文】の語源・由来


【意味】
才能のあるすぐれた子供のこと。

【語源・由来】
「飛兎」「竜文」はともに、非常によく走るすぐれた馬、駿馬のこと。転じて、才知あふれる子供の意となった。「竜」は「りょう」、「文」は「もん」とも読む。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事