ひがんばな【彼岸花】の語源・由来

【意味】
ヒガンバナ科の多年草。

【語源・由来】
秋の彼岸のころに花を咲かせることから。「曼殊沙華(まんじゅしゃげ)」「死人花(しびとばな)」などともいう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク