ひとしお【一入】の語源・由来

【意味】
ひときわ。いっそう。

【語源・由来】
「入(しお)」は、染め物を染料につける回数のこと。一入は染料に一回浸すことを意味する。染料に浸すごとに、染め物の色がだんだんと濃くなっていくことから。

スポンサーリンク
スポンサーリンク