ひだりうちわ【左団扇】の語源・由来


【意味】
左手で団扇を使うこと。安楽な暮らしの境遇のたとえ。ひだりおうぎ。

【語源・由来】
「左団扇」は、利き手でない左手でゆうゆうと団扇を使う意から。一般的に右手が利き手の人が多いことからいう。「左団扇を使う」「左扇で暮らす」ともいう。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事