ひとりぶたい【独り舞台】の語源・由来

【意味】
他の者の存在が薄くなるほど、ある一人が目立った活躍をすること。また、一人だけが思うままに振る舞うこと。

【語源・由来】
ただ一人の役者が舞台で演技をすること。独演。一人芝居。他にも共演者がいるのに一人だけ際立っていたり、周りを気にもかけなかったりすると「独り舞台」となる。

50音インデックスで逆引き検索