ごえつどうしゅう【呉越同舟】の語源・由来


【意味】
仲の悪い者同士が同じ場所に居合わせること。また、敵味方が共通の困難や利害に対して協力すること。

【語源・由来】
中国春秋時代、宿敵同士の呉と越の者がたまたま同じ舟に乗り合わせたが、暴風に襲われて舟が転覆しそうになると、互いが左右の手のように動いて助け合ったという「孫子」の故事に基づく。偏在では、単に仲の悪い者同士が同じ場所に居合わせることにもいう。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事