がしんしょうたん【臥薪嘗胆】の語源・由来


【意味】
(春秋時代、呉王夫差(ふさ)が越王勾践(こうせん)を討って父の仇を報じようと志し、常に薪の中に臥して身を苦しめ、また、勾践が呉を討って会稽(かいけい)の恥をすすごうと期し、にがい胆を時々なめて報復を忘れまいとした故事から)仇をはらそうと長い間苦心・苦労を重ねること。転じて、将来の成功を期して長い間辛苦艱難すること。

【語源・由来】
「十八史略・春秋戦国・呉」にある故事から。春秋時代、呉王夫差(ふさ)が越王勾践(こうせん)を討って父の仇を報じようと志し、常に薪の中に臥して身を苦しめ、また、勾践が呉を討って会稽(かいけい)の恥をすすごうと期し、にがい胆を時々なめて報復を忘れまいとした。
「臥薪」は薪の上に寝ること、「嘗胆」は苦い多胆(肝)をなめること。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事